新築の注文住宅購入の際に気をつける点

ホームへ戻る >  新築の注文住宅の選定基準  > 新築の注文住宅購入の際に気をつける点

新築の注文住宅を購入する際に気をつける点がいくつかあります。まず、建売か建設条件付きのどちらなのかということをはっきりさせる点です。注文住宅で家を造りたいのであれば、建売ではなく、建設条件付きの土地を選ぶようにしましょう。ここで気をつけるのは、不動産会社での仲介手数料が、建売では全部にかかるのに対し、建設条件付の土地だけであれば、土地にしかかからないというところです。次に、新築の場合では、よく10年保証があるから安心という言葉を聞きますが、これはあくまでも法律上に定められたことあり、完全に10年保証されるかというとそうではないので、気をつけましょう。

また、10年保証の対象外となる設備や壁紙などは1年から2年の保証が設けられています。これはアフターサービスとなっており、保証とはまた違うので注意が必要です。サービスというのと保証というのは別なので、気をつけなくてはいけません。さらに、新築の注文住宅を建てる際に、気をつけなくてはいけないのは、隣の家との隙間を十分に取ることが大切です。将来的にリフォームすることもあるかもしれないので、法律で定められている距離より多めに取っておくことが望ましいでしょう。


あとは、そこに新築の注文住宅を建てることによって、周辺の地域住民との約束事をきちんと守っているかどうかということも大切です。その地域ごとに約束事があるので、把握しておくことが必要です。例えば、道路の通行のことであったり、ゴミの捨て方であったり、自治会のことであったりと、それが団地であればより約束事は多くなるでしょう。