経済性で水宅配を選ぶ

ホームへ戻る >  初期の虫歯に対する無痛治療  > 経済性で水宅配を選ぶ

ウォーターサーバーの水を選ぶ基準はいろいろありますが、できるだけ経済的なものを選びたいという方が多いと思います。基本的にずっと使っていくもので、経済的なサーバーの方が家計に優しいことは間違いありません。ウォーターサーバーの費用は、水の値段、ウォーターサーバーのレンタル料、メンテナンス代、電気代で決まります。


経済性を考えるときにはこの中で、水の値段の比重が一番大きくなります。ウォーターサーバーで使われる水には天然水とRO水がありますが、RO水の方が安いです。ご家庭に配達される12リットル入りのボトル1本の値段でくらべると、RO水は1000円以下のものがあります。天然水の場合は1000円以上のところがほとんどです。ただし、RO水でも天然水を使って作るものは高いので、経済性を重視するなら、やめたほうが良いでしょう。


ウォーターサーバーのレンタル料は無料の会社のところが多いので、選ぶのは難しくないです。サーバーの電気代は会社によって違いますが、月に500円から1000円程度です。さらに安いところもあり、月に350円程度の会社があります。経済性にこだわるなら500円以下のところが良いでしょう。


メンテナンスの料金も無料の会社が比較的多いです。自分でメンテナンスを行う会社もあります。この場合はメンテナンス料は発生しません。メンテナンス料が必要なところは年に3000円から5000円のところが多くなっています。メンテナンスは自分で行ったほうが経済的ですが、安全性を考えれば業者に頼んだほうが良いかもしれません。