神経を残したい人向けの歯科治療

ホームへ戻る >  初期の虫歯に対する無痛治療  > 神経を残したい人向けの歯科治療

重度の虫歯の場合、歯医者では神経を抜くかどうかの判断が求められます。現在ではなるべく神経を残すよう治療方法を選択するのが基本となっていますが、虫歯が進行してしまっているとなかなか難しいこともあります。神経を抜く根管治療となると痛みが伴ううえ、治療にも時間がかかるなど患者の負担が大きくなります。


そんな重度な虫歯の治療において歯医者で導入が進められているのがドックベストセメント治療。無痛治療の一環としても注目を集めている方法です。この治療方法ではアメリカのメーカーが開発した銅セメントを使用する点に大きな特徴があります。虫歯の治療と結び付けて考える人は少ない銅ですが、じつは非常に優れた殺菌能力を持っているのです。

銅の殺菌力を利用し、根にまで感染してしまっていた虫歯菌を神経を抜くことなく除去することができます。また、殺菌力に優れている分、歯を削る量も減らすことができるのでより無痛で治療を受けやすくなる点もポイントです。


神経を抜く治療では強い麻酔が必要になりますし、それでも神経を抜かれる際には不快な感触や痛みがともなうもの。さらに神経を抜いた後も長々と通院してガリガリと歯を削られることになります。歯医者においてもっとも避けたい治療方法といえるでしょう。無痛治療としてだけでなく、治療の負担を軽減する意味でもこのドックベストセメント治療は魅力的な選択肢となるのではないでしょうか。なお、現在まだ保険適用の範囲外となっているので費用は全額自己負担となることを覚えておきましょう。