初期の虫歯に対する無痛治療

ホームへ戻る > 初期の虫歯に対する無痛治療

神経を残したい人向けの歯科治療
歯の再石灰化を促す装置で無痛治療
歯医者の無痛治療と麻酔の効果
経済性で水宅配を選ぶ
水の配達地域や配達料に注意しよう

虫歯はいったんなってしまうと自然治癒ができないと言われています。そのため、痛いのが苦手で歯医者に行かずにいるとどんどん進行してしまい、虫歯が痛くなったあげく痛い治療を受けなければならなくなってしまうのです。しかし、初期の虫歯ではドリルなどでガリガリと削らなくても治療することができます。無痛治療の中でももっとも負担が少ない方法といえるでしょう。


初期の虫歯で使用される無痛の治療としてはカリソルブが多くの歯医者で導入されています。これはカリソルブ溶液という特殊な溶液を使用するもので、虫歯に感染した部分の象牙質だけを柔らかくする効果があります。感染した部分にカリソルブ溶液を塗布し、30秒ほど放置します。

その間に溶液が感染した象牙質に対して作用を及ぼしていきます。その後特殊な器具を使用して柔らかくなった感染部分をかきだしていくのです。慎重に行っていく必要がありますが、しっかりと行えばドリルで削る必要もなく、虫歯の部分だけ除去することができるのです。


歯医者で無痛治療を受けたい場合には、なるべく初期の段階で治療を受ける必要があります。それでも痛いのが嫌で避けてしまう人も多いはず。そんな人はこういった治療方法があることを知っておくとよいでしょう。ドリルを使用せず、麻酔の必要もないなら安心して受けられるという人もいるはずです。また歯医者に行く際にはこの治療法を導入しているかどうかも確認しておくとよいかもしれません。