歯医者での治療-歯周病

ホームへ戻る >  10万円でできるホワイトニング  > 歯医者での治療-歯周病

歯医者での治療-歯周病歯周病とは、歯茎に細菌が侵入して腫れや出血を引き起こす病気です。原因は歯垢による炎症と、口腔内の細菌による炎症が含まれます。


また、歯周病は歯肉が炎症を起こす歯肉炎と歯周全体に炎症が及ぶ歯周炎があります。歯周病は最も罹患率の高い病気と言われており、35歳以上の成人の80%以上が歯周病に感染していると言われています。


しかし、自覚症状があまり無いため、歯周病だと認識する人は少なく、ほおっておくことで歯周病が悪化してしまうケースが後を絶ちません。


歯周病が悪化すると、歯が抜け落ちてしまうことになるため、取り返しの付かない事態になります。また、内臓疾患やがんなどの原因の一つともなっており、歯周病と言えども決して侮ってはいけない疾患です。

歯周病かどうかを判断するには、歯医者での定期健診が不可欠です。年に一度以上歯医者での検診を受けてもらうことにより、歯周病を早期発見し治療することが可能になります。


歯周病の治療には歯垢や歯石の除去に加え、適切な歯磨き指導などを行います。進行具合によっては、歯茎の奥までプラークコントロールを行うことや、最悪の場合、抜歯の処置をとることもあります。基本的に歯医者での歯周病の治療は健康保険が適用されるため、3割負担で済みますが、抜歯の処置が伴う場合は義歯を入れたり、インプラントを行なったりするため費用が高額になってしまうこともあります。歯周病を悪化させないためにも、定期的な歯科検診を行い、早期治療に努めることが大切です。