歯医者での治療-歯石除去

ホームへ戻る >  10万円でできるホワイトニング  > 歯医者での治療-歯石除去

歯医者での治療-歯石除去歯石除去は、虫歯や歯周病を予防するのに大変効果的な方法です。歯石は歯の表面に発生した歯垢が石灰化し、固まってしまうことによって起こります。歯垢は柔らかいため歯ブラシで除去することができますが、歯石の場合、石灰化し歯の根元などにできてしまうため、除去は困難になります。また、自分で歯石を取ろうとすると、歯茎に傷をつけたり、ばい菌が侵入したりしてしまうため、かえって良くない結果になってしまう場合もありますから、歯石の発生を見たら歯医者で治療を受けるようにしましょう。


歯石は歯垢が石灰化してしまった状態ですから、細菌は活動していません。しかし、歯石表面に新たな歯垢が付着するため、そこに細菌が発生するようになります。

ですから、歯石を放って置くと、歯周病のリスクが高まり、やがては歯を失ってしまう可能性さえあります。歯医者での歯石除去を行う場合、単独で行うと健康保険の適用外になり自由診療となるため、全額自己負担になります。


そこで、歯周ポケットの検査を同時に行うことにより、健康保険が適用となりますから、歯医者から、検査を合わせてするように言われた場合はそのまま受け入れるようにしてください。もし検査を拒否すると費用が高額になってしまうからです。歯石の除去は超音波振動を利用した医療器具で除去する方法と、歯石取り専用の器具を使って除去する方法との二種類があります。麻酔がかけられることはなく、痛みもありません。