歯医者の種類:口腔外科って?

ホームへ戻る >  10万円でできるホワイトニング  > 歯医者の種類:口腔外科って?

口腔外科歯医者にもさまざまな専門分野がありますが、口腔外科はそのひとつ。口腔外科は、歯医者のなかでも、少し毛色の変わった診療科といえるかもしれません。ここでは、口腔外科はどんな診療科目なのか、どのような範囲、どのような症状に対する治療が口腔外科に相当するのかを紹介してみたいと思います。


口腔外科は、歯医者のなかでも「外科」がつくだけあって、外科的な処置を行う診療科となります。扱う対象は幅広く、やけどや事故などによる外傷や、腫瘍、炎症の対応から、アレルギーやストレスによる障害、奇形などさまざまな症状に対する対応を求められます。そのため、幅広い知識と、必要に応じて自分以外の専門家と連携を取ることが求められる診療科目でもあります。

口腔外科が担当するとされている範囲としては、口唇、頬粘膜、上下歯槽、硬口蓋、舌前2/3、口腔底、軟口蓋、顎骨、唾液腺という部位となっていますが、これは原則とされており、場合によっては例外もあります。また、必要に応じて、歯科医師だけで治療を行うのではなく、医師と連携する必要もあります。


そもそも、口腔外科は歯科の一分野であるとともに、一般外科の一分野でもあります。それだけに、必要な場合に医師とどう連携していくか、といったところは重要な部分だといえるでしょう。諸外国では、日本のように歯科医が担当するのではなく医師が担当するのが慣例となっているところや、医師と歯科医、両方の免許が必要なところもあります。